東京都内のホームページ制作・Ustreamライブ配信・講義インタビュー撮影

Facebookページを見る Twitterアカウントを見る
ご相談・お問い合わせ
ホームへ戻る » 更新情報 » プレスリリース » 株式会社かるてぽすと 「がん制度ドック」をオープン

株式会社かるてぽすと 「がん制度ドック」をオープン

2013.06.17

各位

会社名 株式会社かるてぽすと
代表者名 代表取締役 串岡 慎吾

がん患者・家族が抱える経済的困難を支援するサービス
「がん制度ドック」をオープンします

がん制度ドック

株式会社かるてぽすとは「がんと暮らしを考える会」との共同企画として「がん制度ドック」をオープンします。「がん制度ドック」は、患者や家族ががん治療時に利用できる「公的な支援制度」や「民間の支援サービス」を個人の状況に応じて検索できるウェブサービスです。

■がん制度ドックの特徴

「がん制度ドック」は、患者の年齢やがんの種類、ご加入中の医療保険などを入力するだけで、検索した人が利用できる公的・民間の保険制度の申請先や利用方法をまとめて表示します。それにより各制度の利用漏れを防ぎ、がん治療時に起こる経済的困難の解決を目指しています。

がん制度ドックの使い方

■サービス開始の背景

近年、がん治療は高額化・長期化していることから、がん患者や家族に与える経済的な影響は少なくありません。がん患者や家族が利用できる制度は、医療に関連した公的な制度だけでなく、民間の生命保険やがん保険、住宅ローンなど多岐にわたります。その内容や申請方法が複雑で、申請までたどり着かない場合が少なくありません。そもそも利用できることすら知られていない制度もたくさんあります。

そのため、「がん制度ドック」では多くの人が公平に制度を知り、適切なタイミングで申請する仕組みづくりを目指し、構築されることとなりました。

■がん制度ドックの今後の展開

初年度は、学会やソーシャルメディアを通して患者、家族、医療者に広く公開し、情報の改善と利用頻度の向上に取り組みます。次年度からは、患者の経済的困難に関する研究にも活用できるシステムをつくります。

また、「がん制度ドック」を通じて専門家に相談できる連絡体制の構築も目指しています。

■がん制度ドックの概要

  • 名称:患者・家族、医療従事者が使える「がん制度ドック」
  • 紹介文:「がん制度ドック」は、がん患者や家族が治療時に利用できる制度を、一括して検索できるウェブサービスです。各制度の利用漏れを防ぎ、がん治療時に起こる経済的困難の解決を目指しています。
  • URL: http://www.ganseido.com/
  • サイト運営元:株式会社かるてぽすと
  • 掲載情報の編集責任者:がんと暮らしを考える会

◇株式会社かるてぽすとについて

株式会社かるてぽすとは「医療情報シェアで大切な人を幸せに。」という理念のもと、医療分野で真摯に活動されている皆様の熱意を、ウェブという手段で社会に健全に伝えていくお手伝いをしています。

  • 所在地:東京都文京区湯島1-2-12-1103
  • 設立:2010年5月20日
  • 代表取締役:串岡慎吾
  • 事業内容:医療分野のホームページ制作・Ustreamライブ配信・講義インタビュー撮影
  • URL: http://www.kartepost.com/

◇がんと暮らしを考える会(2013年3月NPO法人申請中)について

「がんと暮らしを考える会」は、職種を乗り越えた現場の専門家が集まって、がんと暮らしについて、次の一手を考え提供する会です。がんに罹患することで生じる、社会的な苦痛(特に経済的な苦痛)を緩和することにより、がん患者とその家族が安心して暮らすための支援体制を構築することを目指します。

  • 設立: 2011年3月
  • 代表:賢見卓也(在宅ホスピス看護師)
  • 会員について:看護師、ソーシャルワーカー、弁護士、税理士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、保険担当者など総勢16名
  • 事業内容:患者・家族が利用できる制度の研究、支援制度の構築
  • URL: http://www.gankura.org/

【お問い合わせ先】

このニュースリリースに関するご質問などは、下記、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

> お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る